厚労省が奨める良い品質はどちら?ベジママとママナチュレはピニトール配合サプリで比較!

ベジママとベルタ葉酸を比較して迷っている 葉酸サプリ

ベジママとママナチュレだったらどちらの葉酸サプリを選べばいいんだろうと悩んでいませんか?

私はママナチュレではなくベジママを選び今もベジママを飲んでいるんですね

私はベジママをいきなり選んだわけではなくベルタ葉酸やマカナなどいくつかの有名な葉酸サプリを妊活サプリとして飲んできました

その中でもやはり特に良かったのがピニトール配合のベジママだったんですね

ママナチュレもピニトール配合なのになんでベジママなのと疑問に思うかもしれません

このページではなぜママナチュレではなくベジママを飲んでいるのかその説明をさせていただきます

もしよければ参考にしてみてください

ベジママとママナチュレには希少物質のピニトールが配合されています

私はママナチュレではなくベジママを選びましたその理由は ベジママが GMP マークを正式に取得している葉酸サプリだからですね

GMP マークは厚生労働省も品質を見極める際の基準にするようにというほど大切なマークなんですね

GMPマークがあるということはサプリが作られてから実際に買えるようになるまでの過程でサプリが安全に作られていって品質が保たれているということです

そもそもなぜこの GMP がサプリに必要なのかと言うと汚染などにより有害物質が入っていたりする可能性があったり成分量にばらつきがあったりするのを未然に防ぐためなんですね

この GMP は日本独特の基準というよりも国際的に採用されている義務化されつつある基準です

GMP の基準をクリアしているサプリはパッケージに GMP マークがしっかり入っているんですね

例えば私が以前飲んでいたベルタ葉酸サプリはすごくコメント数も多く人気なサプリですけど GMP マークを取得できていません

ベルタ葉酸の場合は GMP 基準以上の工場で作ったというあいまいな言い方をして います

けれどベルタ葉酸は GMP マークを取得できていません

ほかにはマカナのような人気な葉酸サプリにもありません

GMPマークがあればサプリに含まれている量が袋に記載通りです

しかしGMPがないサプリの場合、袋に書かれている量と実際に配合されている量が同じかどうかわからないんですね

これってかなりこわいことだと思いませんか?

GMP マークを取得するには厳しい工程をクリアしないといけないんですね

GMP マークはベルタ葉酸の袋にもマカナにも載っていないんですね

またママナチュレもGMPマークはないんですね

GMPマークはママニック葉酸サプリにも入っていますが、ピニトールという希少物質がママニックには入っていません

ベジママもママナチュレもどちらもピニトール配合という点では変わりません

しかし GMP マークを取得しているという点においてはママナチュレよりもベジママの方が優秀なんですね

正直 GMP マークがない葉酸サプリは選択肢から外した方がいいと思います

私がこれまで飲んできた葉酸サプリの中で GMP マークを取得しさらにピニトール配合だったのはベジママだけなんですね

つまりベジママが唯一と言っていいんですね

GMP マークを取得している葉酸サプリであれば厚生労働省が推奨している一定基準を確実にクリアしています

しかし GMP マークを取得していない葉酸サプリは一定基準に達していないということなんですね

厚生労働省の案内で GMP マークを基準に健康食品を選ぶをというページもあるのでもしよければ見てみてくださいリンクを貼っておきますね

タイトルとURLをコピーしました